"We few, we happy few, we band of brothers;
For he today that sheds his blood with me
Shall be my brother." (Henry V - W. Shakespeare)

少数であるとはいえ、われわれしあわせな少数は、兄弟の一団だ。
なぜなら、今日私とともに血を流すものは、私の兄弟となるからだ。

2013年11月5日火曜日

夢の中

昇格されると思わなかった。まだ夢みたい。起きると怖い。
言葉にならないぐらいの嬉しさで感動しています。

沢山の方々に感謝しないといけません。神様、奥さん、弟、監督、平さん、スタッフとサポーターの皆さん、そして僕の新チームメート。

僕には、Fの舞台に復活するより、このグループに入る事が一番幸せです。
信頼する。信頼される。一つになって、一緒に戦う。ずっと探していた。やっと見つけたと思います。

このアスレが日本一なるために全力を尽くして、必死で頑張って行きたいと思います。
皆さんもう一回応援よろしくお願いします!

次...カミ! お前を待ってるぞ! KAMI BACK!!!

#KAMIBACK7


http://www.fuchu-athletic.com/player/archives/3008


I wasn't expecting to be promoted. I feel like I am still dreaming and scared to awake. Words can't say enough.

I have a lot of people to be grateful. God, my wife, my little brother, my coach, Mr. Kyohei, all the supporters and staff, and of course, my new teammates.

For me better than be back on the F-League pitch, the most happiest thing is to be accepted as a member of this group.

To trust and be trusted. To fight together as one. Oh! I have been looking for it so much...  and I believe I finally found it.

To make Fuchu Athletic Japan's New Champion I will give my everything. Thank you all and yoroshiku again!
And... KAMISAWA! I am waiting for you! KAMI BACK!

#KAMIBACK7

2013年11月1日金曜日

2012年5月19日土曜日

The Fans


デウソン神戸のサポーターの皆さん、僕が最初来た時から最後まで一生懸命に応援をしてくれて本当にありがとうございました。
皆さんの事はもちろん忘れません。
Of course, I cannot forget to thank Deução Kobe fans for their warm reception and support. 
そして、名古屋の頃からずっと応援をしてくれた方々今も忘れるこ事ができません。言葉にできないくらい感謝をしています。
フットサルのお陰でたくさんな友達を出来ました。やっぱり幸せです。

But I cannot forget people who had supported me since my beginning in  Nagoya and stood with me until now. I can't put in words how much I love you. It is so amazing to see how many friends futsal had gave me.

ただ、後悔していることが一つだけあります。皆さんに全試合の勝利を届けることが出来ませんでした。申し訳ございませんでした。 それでも皆さんのサポートは消えませんでした。逆に暖かい応援を強く感じました。それを思い出すと涙が止まりません。
If I have a frustration or something that hurts my heart, is the fact I couldn't give you all the victories I wanted. But you didn't stop supporting me. And every time I think about it I can't avoid some tears.

4年間、両親や実家の友達に会うことが出来ませんでした。その代わりにあなたたちは、一人ぼっちにしないで僕のそばにずっといてくれました。
何回も言うけど、自分の気持ちを伝えられる言葉がありません。
ありがとう。本当にありがとう。

I haven't seen my parents, relatives and friends for almost 4 years.  But you had helped me to cope with that being my friends and my family.

You are the measure of my happiness here. 

Thank you so much.
心からありがとうございました。

2012年5月17日木曜日

Kaminagayoshi



 この写真はデウソン神戸の選手としての最後の日に取りました。おかしな話かもしれないけど、あの時まで上永吉さんと一緒に写真取った事が無かった。
 It is funny but I my first picture with mr. Kaminagayoshi was in my very last day as his team's player.

この二年間デウソン神戸でプレーをさせてくれた事を上永吉さんに心から感謝しています。 間違いなく、彼よりデウソンを好き人はいない。やっぱりその情熱は上永吉さんの一番特別なところです。
And I cannot forget to thank him for this two years as his player. He has such a passionate heart for Deução. I believe that is what makes him so unique.

そのことが簡単に分かるために、エピソードを話します。僕のデウソンの選手としての最後の日に、別れの言葉を言った後に、彼はすごい笑顔を見せながら感謝と今後の成功を祈る言葉を言ってくれました。そしてその後に温かいハグをしてくれた。あの時は本当に感動しました。
To say another thing about mr. Kaminagayoshi, I will use an episode, ironically our last moment together which I can say, can describe very well tha man. I told him about my new path and thanked for all he had done for me. With a big smile he thanked me back wishing me success and after that, gave me a big and warm hug.

だから、彼はやっぱり違う。
That is THE man.

カミさん本当にありがとうございました!
Thanks for everything, Kami-San!!!

2012年4月11日水曜日

The Team

Sometimes it was very confusing for me to understand how it works. I didn't understand if I was hated or loved, if I had their trust or not.

時々僕にはチームの事でどうしたらよいのかわからなかった。信頼されているのか?自分の事が好きなのか?嫌いなのか?

But closed my eyes and tried to understand just by hearing the heartbeats. It worked.

迷いがあり過ぎて、ある日、目を閉じて心の声だけを聞いてデウソンへの気持ちがやっと理解出来ました。

So I was finally able to laugh with everybody. And trust me, if Deução could be explained in just one word, that would be "fun".

一つの言葉にすればそれは「楽しい」だと思います。

Thank you, guys.

ありがとうみんな。

In a tempt to explain this feeling, I made this video. This is what Deução is for me. Thank you.

その気持を説明出来るようにこのビデオを作りました。

video

2012年3月29日木曜日

Thank you all and... see you!


It is pretty hard to start this message. So many confusing feelings inside. But I will try to do it as I always did: starting it as conversation between friends.

今回のブログ更新はとっても難しいでした。どうやって今までの事を伝えれるのか? やっぱり仲間と喋っている見たい正直の気持ちを伝えたい方がいいと思いました。

After 2 years I am leaving Deução Kobe. For this special time I have to thank many people, so I believe will be better to make a special post for each one.

二年間後にデウソン神戸から退団します。辛いけれども、いい思いでそして感謝の気持ちが精一杯で帰ります。世話になった方々にしっかりそれを伝えるためにまた少しずつブログに出します。

But first of all I want to say is, from the very bottom of my heart: thank you. You all have made this time special and this final words sad.

でも、最初これを言わないとダメだ と思います。この二年間ピッチ内やピッチ外にと共に戦っていた人達心からありがとうございました。

Before I leave Brazil, I cried so hard because I've had realize how much I was loved and how great was the pain of saying goodbye to the ones you love.

ブラジルから日本への最初行った時に別れの悲しさより愛されったの幸せですごい涙がこぼしました。

In Nagoya, I was so surprised I could experience that again. So I said when I first came to Kobe that would be wonderful if we could have this feeling again. And... I am happy to say: we did it. Thank you, Kobe.

名古屋から神戸返事が行った時にも同じ幸せ再びを感じさせました。
そして、あの時に考えた事がもし神戸からいつか出るならいいなと思いました。

それは今日嬉しく言います。すごく好きになったから寂しさの分があるけれども、あなたたちの出会いの嬉しさとくらべません。ですから、嬉しくその良い涙が出ています。

Thank you and see you again. For sure.

皆さん本当に心からありがとうございました。そして、いつかまた会えましょう。きっと。

2012年1月14日土曜日

宝物

ブログ更新本当に久しぶりです。 今のところも正直、面白い事とかハッピニュースもありません。 でも、僕の声消えても、ずっと応援し続けた人がいったから、どうしても今回絶対書けないと行けない事があった。
It has been a long time since my last post. Even now, I still don't feel like I have something wonderful to share or tell. But I had to do it. Because I know, there is still somebody waiting for me. Even during my silence, these precious friends didn't stop calling for me.

いつき、ワカナちゃん、そしてリョウタ君、手紙を本当にありがとうございました。 あの優しい言葉深い闇も消えるだけしかありません。すごい感動しました。
Itsuki, Wakana and Ryota, thank you so much for your letters. Ryota! You made me cry, man!

その手紙に対して、返事が遅くて本当に申し訳ございません。でも、その間にその言葉が宝物として自分の中にずっと持っていた。
I took so much time to answer that but I didn't stop thinking in it everytime I was in the court. I was carrying your letters like tresures in every single match.

今回の名古屋戦また会えるかな? お楽しみに! (^ー^)ノ
For this weekend game in Nagoya, I am in the members list, so I hope see you there. Are you coming? See ya!